« 傘がない | トップページ | 「だらしない」の「だらし」って何? »

2006年5月11日 (木)

電車が止まった

リンク: asahi.com:JR京浜東北線、信号トラブルで一時運転見合わせ

Yamateeki

と言うことにぶち当たって、1時間以上会社を遅刻。
途中の山手駅で振り替え乗車券と遅延証明書をもらって下車、バス、みなとみらい線、東横線を乗り継いで南武線まで辿り着いた。

たまにこんなことがあるが、今日はまだ楽な方だ。

記憶に新しいところでは去年東京で震度5があった時に、何時間か帰宅途中に足止めを食ったことがあった。

私の会社から自宅まで道路の距離で約30キロある。昔自転車で往復したことはあるのだが、大地震で帰宅困難者になった時、歩いて帰れるかな?
革靴で30キロ一気に歩くのは無理だろうな。
おそらく途中どこかで夜を明かしながら2日がかりで帰り着くと言うところだろうか?

もしもの時のためにイメージトレーニングだけでもしておくのは悪くないだろう。

|

« 傘がない | トップページ | 「だらしない」の「だらし」って何? »

コメント

以前からそうですか?最近鉄道のトラブルが多い気がします。
僕は、車通勤ですが、東名高速や国道で事故があると必ず渋滞。遅刻は免れません、でも取り合えず車に乗っていれば着きますので、あきらめて会社に電話します。
鉄道だと、駅に人が溢れてきて・・それだけでもイヤになりそうです。
TODOさん、ご苦労様でした。

投稿: salmon | 2006年5月12日 (金) 20時04分

帰宅支援マップ、っていうのがありますよね。
いざとなったときに徒歩で帰れるよう、道や給水できる場所がわかる地図です。
私も友達にもらったのですが、家においてあるので意味がありません(笑)。

ただ、大地震などがあったときに皆が三々五々帰宅しようとすると救援が大変なので、むやみと動き出さずに安全なところで待機していたほうがいい、と聞いたことがあります。

投稿: KIKI | 2006年5月12日 (金) 23時04分

>サーモンさん

確かに渋滞は車に乗ってれば着くってゆうか、それ以外どうしようもないですよね。
電車の場合は、同じ事故でも自分が乗っている車輌が止まった駅によってその後の経路をその場で判断して行動しなくてはいけないと言う、考えようによってはなかなかアドベンチャーな楽しみが味わえます。(笑)

>KIKIさん

帰宅支援マップ。毎朝寄るコンビニにあるのをちらっと見ているのですが、そんなもの買わなくても俺は帰れるよって思ってなめているのは甘いでしょうか?

帰宅支援マップを家に置いてあるってのは、確かに意味ない!(笑)

もし職場で大地震があったら、家族の無事が確認できさえすれば、私も無理して動かないで会社に止まると思います。

投稿: TODO | 2006年5月12日 (金) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/10022801

この記事へのトラックバック一覧です: 電車が止まった:

« 傘がない | トップページ | 「だらしない」の「だらし」って何? »