« カスタムCSSを試す(備忘録) | トップページ | さらばツーカー »

2006年4月 3日 (月)

入社式

毎年のことだが、この日の朝、新入社員達がちゃんと出社してくれたことが確認できるまでは、気が気でない。
数ヶ月前に採用試験で初めて出会ってから、縁あって一緒に働くことになった彼ら。
彼らが元気に出社する姿を見て、入社式を終えて、やっと人事としての一仕事が終わる。

新入社員研修初日は、新入社員達も緊張で疲れ切っただろうが、こっちも今までの肩の荷が降りて、ほっと一息したところで、ぐったり疲れた。

老朽化した社屋。
廃止寸前の独身寮。

若い希望に満ちた彼らを最高の環境で迎えられないのが心苦しい。
心から、この会社に入って良かった。良い会社に入った。と若い彼らが思えるような会社にすること。

自分一人では出来ないが、そのための努力をこれからもしていくことが自分の務めなのだ。

|

« カスタムCSSを試す(備忘録) | トップページ | さらばツーカー »

コメント

そりゃ、キレイな建物はカッコイイ!
でも、やっぱり人ですよね。先輩たちがステキな人だったりすれば、自分もそうなろうというお手本になるから、それが一番の環境って事に・・・と、理想は抱くけれどこれが難しいから悩むんですよね。

TODOさんみたいな上司だったら、一緒にがんばろうって思いそうだけど・・(実物知らないからそう思う)。

投稿: hirorin | 2006年4月 4日 (火) 02時13分

>hirorinさん

その通り!
人間関係が良いと、それ以外のつらいことがあっても結構我慢できるけど、その逆に人間関係が悪いと、一番耐え難い状態にもなると思います。
ただ、一度こじれると一番修復が難しいのも、また人間関係なんですな。

私みたいな上司?
当然のことながら、ここで出している自分は見せたくない部分は見せていないですからね。人は誰でもそうだと思うけど。
これをブログ美化の法則と言う。

投稿: TODO | 2006年4月 4日 (火) 10時14分

僕も十数年前に今の会社に入社したとき、人事担当の方がとても良くしてくれて、不安な気持ちもなく会社に溶け込むことができました。やはり気を配ってくれていたのですよね!
なので、今では一緒に出張へ行くときなどは、僕が愚痴の聞き役になってあげます・・・

投稿: salmon | 2006年4月 4日 (火) 20時20分

お疲れ様。新人も先輩も共に胃の痛くなる日々が始まるのですね。我が施設でも、7人の子供達が巣立って行きました。その内、家庭に戻れなかった4人は新たなる施設へと行ったわけですが、知らない人、知らない場所、そして初めての学校と、小さな身体で大きな不安を背負って頑張っていると思います。小さいうちから、他人にもまれて生きて行かねばならない彼らはきっと、上司泣かせでないたくましい社会人に成長してくれると信じています。負けるな世のすべての新人達!先輩は鬼じゃない!たぶん…。

投稿: ねこまんま | 2006年4月 4日 (火) 20時55分

ここに来て TODOさんのお仕事の話を読むたびに違うTODOさんの一面を発見するし..その反面 実際のTODOさん(それも超遊びモード)を知ってるからギャップを感じたりしてま~す(^-^;)
改めて..TODOさんて お仕事もする人なんだなって(笑)当たり前なんだけど、 感心してます (=^m^)クスクス

   ごめんなさーい(笑)(^┰^)

投稿: EKO | 2006年4月 4日 (火) 22時00分

>サーモンさん

愚痴の聞き役・・・いい先輩ですね。
私ゃ今では部下を愚痴の聞き役にしてるような・・アセアセ

>ねこまんまさん

上司を泣かせるくらいのたくましい新人が来ると、それはそれで活性化して良いのですがね。
って、だんだん口調が細木数子になってないか?(笑)

>EKO

仕事してるに決まってるやんけ!
とは言うものの、あまり強く出るのはやめとこう。
いろいろ握られてるからな。(爆)

投稿: TODO | 2006年4月 4日 (火) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/9414886

この記事へのトラックバック一覧です: 入社式:

« カスタムCSSを試す(備忘録) | トップページ | さらばツーカー »