« 携帯互換機 | トップページ | 好きなことをやれ(その2~企業の側からの理由) »

2006年3月25日 (土)

好きなことをやれ

採用面接をしていると、学生の皆さん、非常に立派な志望動機をおっしゃる。

ほとんどの学生が、「社会に貢献」したいと言う。

ぜってー嘘! とまでは失礼だから言わないが、本当に本心ですか? と言いたくなることもしばしばである。

私が就職活動していた時には、社会に貢献しようなどと思って就職先を探してはいなかった。
動機はただ一つ、「自分の好きなことができそうかどうか?」
それだけだった。

一生の多くの時間とエネルギーを費やす仕事なのだから、まずは自分が幸せになることを考えるべきなんじゃないの?
そのためには、自分がやりたいことを実現することが一番大事なんじゃないの?
それがアタリマエだと思うし、私はそれで良いと思うのだが・・・。

「社会に貢献したいです!」

と立派なことをおっしゃるのは、失礼ながら自分のやりたいことが分からない人が、志望動機を何か言わなくちゃいけないとなったときに、頭で考えて出てくる言葉に過ぎないように感じる。

学内説明会で時間に余裕があったとき、こんなたとえ話をしたことがある。

・・・

皆さんの好きな人、例えばスポーツ選手でもいい、歌手でもいい、作家でもいい。
誰か一番好きな有名人を思い浮かべてみて下さい。
その人がその仕事を何故やっていると思いますか?
「世の中の役に立とう」と思ってやっているでしょうか?
私は違うと思う。
「それをやることが好きだから」
それだけです。

私は仕事を選ぶと言うのはそれでいいと思います。
自分が一番やりたいこと、好きなことをやる。
それがその人が一番力が発揮できることです。
一番力を発揮できると言うことは、結果として一番世の中の役に立つのです。

歌手は自分の歌いたいと思う歌を歌っているだけです。
それが世の中のどれだけ多くの人を救っているでしょうか?

「好きだ」と感じると言うことは、神様から「お前はそれをやれ」と命じられていることではないでしょうか。

・・・

もちろん、実際はここまで格好良くまとまって言えてはいないが。(笑)

|

« 携帯互換機 | トップページ | 好きなことをやれ(その2~企業の側からの理由) »

コメント

へぇ~、最近の学生はそんな”模範解答”を持ってくるんですか(笑)

「社会に貢献する前に会社に貢献する気ある?」

って聞いてみたいですね。

投稿: FUKAWA | 2006年3月25日 (土) 22時29分

うちを受ける子は「社会貢献」を口にする子は少ないですが、「本心が見えないなぁ」って
子はたまにいますね。
そして、「やりたいこと」がわからない子も、たくさん。
そっちの方が大きな問題じゃないか、
とここ数年思っています。

投稿: KIKI | 2006年3月26日 (日) 00時20分

自分のやりたいことより、収入がいい会社を優先してしまうのかな?一番好きなことってゲームとかだったりして・・・
仕事ってやってみたら面白かったという事も多いので、何でもやってみたいという好奇心旺盛な人はいいですけど、学生のうちに「これしかない」と思える人は幸せです。結局好きじゃない仕事だと長続きしませんね。そう!人には「天職」というのがあります。

投稿: salmon | 2006年3月26日 (日) 10時17分

あ・・・私、ときどき「社会貢献したい」って言ってる(汗)

自分がやってきた仕事を社会に役立てたいという気持ちと、社会に役立ちたいからできることをするっていう・・あまり深く考えずに言ってるわ。

でも、どんな仕事も社会の一員としての責任はありますよね?ね??メイドでも・・

投稿: hirorin | 2006年3月26日 (日) 13時44分

>FUKAWAさん

もう模範回答だらけですよ。
特に「志望動機」とか「希望職種」とかの質問には、間違いなく用意してきた答えを空で読んでくれます。(笑)
そうですね。企業と言うものに入るからには、いずれ「世の中のため」と「会社のため」の狭間で多かれ少なかれ悩む時が来ますからね。

>KIKIさん

うちの会社は業種柄、「社会貢献」を口にする学生が多いのかも知れません。
「やりたいことが分からない」っていうのは感動する心がないと同じことだと思うんですよね。
言い方を変えれば、
「何かをしてうれしかったこと、楽しかったことは無かったのか?」
と言うことなんですけどね。
でもそう言うと、「友達とカラオケやってるときは楽しいですけど・・・」ってな答えになりそうですね。
そのへんの違いってのを説明するのが難しいですね。

>サーモンさん

そう「天職」ってあると思います。それを早い時期に見つけられる人は幸せですが、一生見つけられない人もいると思います。
私自身が、果たして見つけているのかちょっと不安です。
そう考えると、結婚にしても仕事にしても会社にしても、結局「縁」と言うものなのかなと思います。

>hirorinさん

いや、私も問題提起のために例によってわざと偏った「社会貢献と言うことが悪い」ような書き方してみていますけど、中には本当に自分の心底からの気持ちでそれをやりたいと言う人もいるのですよね。
人のために尽くすことに喜びを見出す人と言うのが。
それはすごく立派な人だと思います。
私などは到底その域に達せません。

「責任」と言うことで言えば、それを一番果たすことができるためにも「好きなことをやりなさい」と私は学生に言いたいんです。

(後半に続く・・・(笑)

投稿: TODO | 2006年3月26日 (日) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 携帯互換機 | トップページ | 好きなことをやれ(その2~企業の側からの理由) »