« 「本日の水木サン」 | トップページ | 揺れについて »

2006年2月 2日 (木)

プレゼン面接メモ

先週東京、今日明日は札幌にて昇格試験のプレゼンと面接中。

プレゼンにおけるメモ。

・自信のない者ほど口数多くダラダラしゃべる。
・言葉少ない者は自信があるか、投げているかのどちらか。
・日頃問題意識を持って良く考えているかどうかは、話の具体性で分かる。
・熱意をアピールするのは中身のないことを隠そうとしている場合がある。
 その場合「とにかく」「要するに」「とても」等を多用する傾向あり。
・実績はあるのにプレゼンが下手で損をしている人もいる。見極める必要あり。

お、今日は辛口だ。

|

« 「本日の水木サン」 | トップページ | 揺れについて »

コメント

ムムム、参考になりました。

投稿: FUKAWA | 2006年2月 2日 (木) 22時16分

うわ~、何だか僕のほうが緊張してきた!

投稿: salmon | 2006年2月 3日 (金) 09時05分

>言葉少ない者は自信があるか、投げているかのどちらか。
これ、見極めるの難しいですね。
一緒に仕事をしている人がこのタイプで、一生懸命にするのがカッコ悪いと思っているのかな・・と思ったら、言葉とウラハラに絶対投げない人でした。
プレゼンだと尚分かりにくいかも。

>日頃問題意識を持って良く考えているかどうかは、話の具体性で分かる
うんうんうんうんうん!
分かった様なことを言ってても実は中がカラッポの人いますよね。

私はプレゼンや面接はしませんが、仕事上
の人付き合いでもすごくあてはまると思いました。

投稿: ひろ | 2006年2月 3日 (金) 09時05分

私は緊張すればするほど、顔がヘラヘラ笑ってしまうので、面接では明るいという印象で得してました。
やはり理由はどうあれ、笑顔は大事ってことですね♪

投稿: hirorin | 2006年2月 3日 (金) 18時02分

>FUKAWAさん

ご参考にして頂き、光栄です。

>サーモンさん

面接してあげましょうか?(笑)

>ひろさん

良いことは言っていても概念的なことに終始している人は受け売りだったり、プレゼンのために用意してきたネタであるだけだったりと言う確率が高い気がします。
聞く側は、そのことの根拠となる実体験やじゃあそれであなたは何をしてくれるのかと言う具体的なところを突っ込んで確かめる必要があります。

>hirorinさん

明るくて損することだけはないと思います。
笑顔は大事。特に女性は。
と言うとセクハラと言われるのだろうか。

投稿: TODO | 2006年2月 3日 (金) 23時48分

おもしろい!
自分はどうかな~なんて考えました。

あと
目線も注目ですよね~


投稿: こすずめ | 2006年2月 4日 (土) 02時02分

>こすずめさん

目線はね~ 結構言われるので意識して合わせようとしている場合もあるので判断しづらいですね。

これも一般に言われるように、目線合わせないからと言って必ずしも自信無いわけではないですね。これも結構経験してます。

投稿: TODO | 2006年2月 4日 (土) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「本日の水木サン」 | トップページ | 揺れについて »