« いまどきの学科 | トップページ | すごい着陸 »

2006年2月21日 (火)

文系と理系のクロスオーバー

今日も採用ネタで恐縮であるが、そういうシーズンなので。

某業者から送られてきた、今年の学生の動向調査結果に、面白い現象が載っていた。

理系の学生が志望する職種として、総務・人事・経理といった事務職系が増え、一方文系の学生で研究や開発職を志望する学生が増えていると言うのだ。

十数年前の「あの頃」には、給料が良いと言うだけの理由で銀行や証券会社に吸い込まれるように入社していった、バブル入社組の理系学生達がいた。
汗水垂らしてモノつくりに励むことで技術立国ニッポンが成り立っていたはずが、目先の利益に目を眩ませた当時の若者達によって、日本のモノ作りは空洞化が加速したのだ。

今の理系学生の事務職指向は、そのバブルの時のものとは明らかに違うようだ。
人気企業ランキングには、相変わらずメーカーが上位を占めている。しかし、彼らがやりたいのはモノ作りではない。

要するに、景気の良い採ってくれそうな業種には行く。しかし手を油で汚してモノ作りはしたくない・・・と言うことか?

事務職なめんなよ。おい

逆に文系学生の研究開発指向は、昨日書いた大学教科の文系理系の境目が無くなってきた傾向が、その理由の一つかも知れないと思う。

明日から、当社でも自社の会社説明会と採用試験が始まる。
今年はいったいどんな学生に出会えるのであろうか。
おそろしくもあるが、この仕事の楽しみなところでもある。

|

« いまどきの学科 | トップページ | すごい着陸 »

コメント

自分は専門学校で漫画の描き方を教えているんですが、年々「大丈夫か?」と思ってしまう若者が増えている気がします。今年度の生徒で言うと、自滅型の生徒が目立ちました。彼らの言い分のポピュラーなモノは「周りの生徒が上手いから、自分は描けない・・・ので、描かないし学校にも行きたくない」という戯言。たしかに漫画業界も「競争原理」の世界ですが、上手くなるために入る学校なんで、下手で当たり前・・・つか、周りは誰も君の事なんか気にしてないから・・・と言えたらスッキリするのになあ。大学生よりも精神的に未熟で打たれ弱い子が多いかもしれません。それでも、TODOさんと同じで色々な生徒と出会うのはとても楽しみなので、この仕事は続けてられるのかな、自分。

投稿: いおす | 2006年2月21日 (火) 23時35分

シーズンとかを調査されたの。


投稿: BlogPetのこぱんだ | 2006年2月22日 (水) 15時02分

>いおすさん

最近の学生は、就職活動でも超有名企業1社だけを志望して、そこ落ちたらもう自分の全てを否定されたかのように落ち込んで就職活動を辞めてしまう人もいるとか本に書いてありました。
それと通じるものがありますね。

自分が負けると言うことが絶対に我慢できないのでしょうか。

採用活動は、おっしゃるようにこちらも楽しんでやっています。
学生も楽しんで就職活動やればいいと私は思いますよ。

>こぱんだ

あっそう。

投稿: TODO | 2006年2月22日 (水) 23時00分

女の子で特に深い理由もなく「事務職希望」と
いう子がいると、つい説教モードに入ってしまいます。
余計なお世話なんですけどね。

投稿: KIKI | 2006年2月23日 (木) 21時01分

>KIKIさん

あはは、分かる分かる。
私は頑固爺に思われたくないから説教はしないけどね。(笑)

投稿: TODO | 2006年2月23日 (木) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いまどきの学科 | トップページ | すごい着陸 »