« めずらしいことだ | トップページ | アメリカの雪だるまが3段であることについて »

2006年1月21日 (土)

取り込むか否か

アナログLPレコードを300枚くらい持っている。

1970年代後半に買ったものが殆どであり、2年ほど前に店に引き取ってもらえないか打診したことがあるが、二束三文だと言うのであきらめて以来、この部屋の一隅で場所を取っている。捨てるにも大変な量なのだ。

record

その中に今でも繰り返し聴くに値する良いものがかなりある。また、レコードプレイヤーに黒いデリケートな円盤をうやうやしくセットして、慎重に針を降ろすという、類い希なる幸せな瞬間を経ずとも、もう少し気軽に聴いてやっても良いのではないかと言う種類の音楽も結構中にはある。

それをPCに取り込んでMP3化してやろうかと去年から考えているが、今ひとつ実行に移せないでいる。
そのために必要なUSBオーディオアダプタは、さほどの出費でもないので、これは実行に移せない理由ではない。

なんてゆうかね。

私の中で、アナログレコードであると言う存在自体が、そこに入っている音楽と切り離せないものになっているのだ。
これはちょっと理屈ではないので説明しにくいのだけど、あのころ、こうして針を降ろしてワクワクしながら聴いた音楽は、やはりあのときのままにしておきたい気がするのだ。

30年前に買ったレコードたちが、今の私をこれだけ癒してくれるとは、あの頃の自分に感謝したい気持ちである。

player


|

« めずらしいことだ | トップページ | アメリカの雪だるまが3段であることについて »

コメント

PCに取り込んだりしないでくださ~い。
勝手ですが、レコード盤の音楽はレコード盤じゃなきゃダメだと思います。
洋楽のレコード盤をた~くさんそろえたショットバーがあるのですが、お店もマスターも派手ではないのですがとてもステキなんですよ。
レコード盤を大切にしているTODOさんもそんな感じなのかな?

投稿: ひろ | 2006年1月21日 (土) 13時49分

あ、書き忘れました。
事後報告になってすみません。
リンクはらせていただきました。
また遊びに来ます!

投稿: ひろ | 2006年1月21日 (土) 13時52分

TODOさんのお宅では、今もレコードが聴けるなんて~素敵ですね♪(*^_^*)
私も捨てるに捨てられない思い出のレコード、何枚か持っています。 (;^_^A
あっ…レコード持ってるなんてぇ~年がバレちゃいますよね~。
ホントは~若いんです~☆ (汗)

投稿: かりん | 2006年1月21日 (土) 18時54分

私の知っているスナック。カラオケ流行の波に押されて通信になってしまったけど、最後の最後までレコードでしたよ。
あの針をレコード盤に落とす瞬間・・その時のプツっていう音とか・・私は大好きでした。

関係ないけど、「ソノシート」??っていうんだっけ?付録についてたの。あれは子供心に感動しました。あ?歳バレる話だった??

投稿: hirorin | 2006年1月21日 (土) 21時20分

>ひろさん

大切にしようとしてなかったんですよ。
書いたように一時は場所取るんでごっそり捨てようと。
で、良くあることだけど整理しながら聴いていたら捨てるに忍びなくなったと言うことです。
たぶんもう一生捨てないでしょうね。
リンクありがとうございました!

>かりんさん

写真を良く見ると分かると思いますが、レコードプレイヤーがでかくて置き場所がないので、机の脇の床の上に置いてるんですよ。
ほんとは若いなどと言っても話通じる時点で無駄な抵抗です。(笑)

>hirorinさん

そうそう、ソノシート。今はCDやDVDが付録についてる時代だからねえ。
あれ、知ってるってのは相当な歳でっせ?(笑)


投稿: TODO | 2006年1月21日 (土) 21時59分

ウチではレコードが棚からコンテナボックスに移されて、納戸にしまわれてしまいました。ビル・チャンプリンとか、私にとっては宝物なんですがねえ。TODOさん、がんばってLPも楽しみ続けましょう!

投稿: 221b_Bakerstreet | 2006年1月22日 (日) 00時38分

221b_Bakerstreetさん 初めまして。

そう言われると、気楽な休日ばかり求めて、「頑張って楽しむ」ことを忘れてしまっている気がします。

私にとってレコードは若い頃の夢や想い出のつまった宝物でもあります。
ここまで来たら一生大事にしようと思います。

投稿: TODO | 2006年1月22日 (日) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めずらしいことだ | トップページ | アメリカの雪だるまが3段であることについて »