« 声で電話帳 | トップページ | John Coltrane Ballads »

2006年1月17日 (火)

ブログが個性的な理由

毎日巡回させて頂いているいくつかのブログを、今日も巡っていてしみじみ思ったことがある。
当たり前と言われてしまうかもしれないが、どのブログにも本当に個性があると言うことだ。

それは、意識しなくても誰もが自分の好きなように作っていて、誰もが人の真似をしようとは思っていないからだろう。

かつてブログと言うものが無かった頃にWEBサイトを作って何かを表現しようとしたら、機能から全体のデザインまで、全てを白紙の状態から作らなくてはいけなかった。

それはかなりの勉強が必要なことで、勉強するとなるといきおい他のサイトを参考にすることになる。
その結果、全くの白紙から全く自由に作れるはずなのに、どこかの誰かと似たサイトになってしまう。
WEBサイトの入れ物を作るだけで力尽きて、中身の薄いサイトすら出来上がってしまうことが往々にしてあった。

ブログと言う「道具」が現れて、WEBサイトを作る敷居は比べものにならないくらい低くなった。
ブログは一見同じような装丁のWEBサイトに見えるが、オーナーにとっては、入れ物を作ることにエネルギーを割かれることがなくなったことで、純粋にコンテンツだけにエネルギーを注ぐことができるようになった。

コンテンツと言うものは、作る人そのものだ。だから、そこに全エネルギーを注げば、それは自然と個性が溢れ出て、どこかの誰かと似たサイトにはならないのだ。

提供された共通の入れ物を皆が使うことが、結果として個性を引き出したと言うのは、実に興味深い。

私は、これがブログと言うものの最大の功績だと思うのだ。

|

« 声で電話帳 | トップページ | John Coltrane Ballads »

コメント

もうひとつ良かったことは、三日坊主を克服できる!っていう自信(?)がつく。
普通に日記かいていたらこんなに毎日続かないし。
あと、最近色々ブログ巡っていると、やっぱり仲良しのブロガーさんとは同じブログを覗いていることが不思議。偶然開いたところに、知っている人のコメントがあると、なんだか嬉しくなっちゃう私です。

投稿: hirorin | 2006年1月18日 (水) 02時23分

TODOさん共感します・・・はじめましてサーモンです。

本当に皆さん個性があって面白い!とくにhirorinなんか・・・
でも、僕も出しゃばりなんですが、hirorinのような方がいないとブロガーの繋がりが出来ないし、面白くない。
僕も何か表現する場がほしくてはじめたわけですが、コメントを入れてくれる方は少なくても、毎日読んでくださる人がいる。
そう思うともうやめられない自分がいるのです・・・

15日のバリダカ記事に関連しますが、三菱のWRC撤退は悲しい事ですね。

投稿: salmon | 2006年1月18日 (水) 12時18分

TODOさん、こんにちは♪ (*^_^*)
遅くなりましたが(笑)…今年もどうぞよろしくです♪(*^^*)

私は自分で普通~♪に書いているつもりでしたが、
きっと見る人から見たら、私のブログも変わってるのでしょうね~。(笑)
でもブログを始めた事で、決してお知り合いにはなれないであろう人とも、お話ができる事…
ちょっぴりだけ自分の世界が広がった気がして、嬉しくなります。(*^^*)
何よりも、「反応の遅い夫の相手」をしているより(笑)、素早いコメントで私のココロが楽しくなる事…
これが一番嬉しい事かしら。。。 (;^_^A  

投稿: かりん | 2006年1月18日 (水) 13時55分

>hirorinさん

日記と一番違うのは、他の人からの反応があるからでしょうね。
それが励みになってまた書く。だから続くのだろうと思います。
いくら書いても全く反応もなかったら、次第に書かなくなるのかも知れないですね。

>サーモンさん

初めまして。hirorinつながりですね。
私もhirorinさんのおかげで何人かの方においで頂いています。hirorin様々です。

>かりんさん

お久しぶりです。
別に変わっていると言うことはないと思います。
普通っぽいと言うのも個性の一つだと思いますよ。
要は、書きたいように書いていれば、自然とその人のキャラが出てくるものだと、私が言いたかったのはそこです。

ご主人の件については、コメントを差し控えさせて頂きます。(笑)

投稿: TODO | 2006年1月18日 (水) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 声で電話帳 | トップページ | John Coltrane Ballads »