« 正月とは | トップページ | 夢と希望 »

2005年12月30日 (金)

森高のベストライブ

moritaka2

森高千里のライブはLD時代を含め、数枚持っている(文句あるか)。
最近DVDで買ったのは、少し前に書いたDO THE BESTも含め、後期の3枚。1996年から1998年まで、年に1枚ずつ出ている。

その中でも一番の傑作が、このPEACHBERRY SHOWだと私は思う。

3枚の中では真ん中の1997年だが、これは森高28才の時。
若い頃の森高に価値を見出す向きには、年とってやや地味になった森高は凋落にしか見えないかも知れないが、私は後期のしっとり系に移行した、この頃の彼女が好きである。実にナチュラルで良い。

このライブの会場は中野サンプラザで、ここは客席との距離も近くて、観客の反応を直に受けてリラックスする彼女の顔がとても良い。

残念ながらこの翌年のライブは、発売されている中では最後だが非常に出来が良くない。
若い頃のミニスカセクシーショーが目的でなければ、私はこのライブをお奨め致します。

B00005HOD0"1997 PEACHBERRY SHOW" ― Chisato Moritaka DVD Collection no.12
森高千里
アップフロントワークス(ゼティマ) 2000-11-22

by G-Tools

|

« 正月とは | トップページ | 夢と希望 »

コメント

わ~森高だ、森高だ!!
もちろん私はミニスカ森高で好きになったけど、もともとこの人清楚な美人顔ですもんね。
本当、後半になってしっとりした歌も良かったです。
♪昨日の夜はごーめんなさい 別れることが辛くって♪って歌はタイトルなんでしたっけ?

投稿: hirorin | 2005年12月31日 (土) 01時15分

「風に吹かれて」だね。
これも良い曲なんだけど何故かライブでは歌われないなあ。
私は、「夏の日」とか「休みの午後」とかが好きですね。
またこの路線でこれからも歌って欲しいと思うのですが。

投稿: TODO | 2005年12月31日 (土) 08時56分

そうっすねぇ。やはり森高って言うと若い頃のハデハデイメージが強くて後期の落ちつた頃って評価の対象にもあまりならないけど(特に男性ファン)同性ファンは確実に増えてましたネェ。その後のフェミニン路線からセールス的も落ち始めた・・・個人的には等身大のこの頃が作品的には一番評価されるべきと思いますね。清楚さをもっとウリとしても良かったと思います。

投稿: 黒猫g | 2006年4月14日 (金) 00時29分

黒猫gさん 初めまして。

同好の士がいて嬉しいです。
確かにこの頃は良い歌も多かったですよね。あまり売れなかったかも知れないけど。
「夏の日」とか「スノウアゲイン」とか「休みの午後」とか大好きです。
今でもCMで時々は見ますが、昔の雰囲気ではないにしろ、あーやっぱりいいなって思います。

投稿: TODO | 2006年4月14日 (金) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月とは | トップページ | 夢と希望 »