« 88万人の「星の王子さま」 | トップページ | 海王星 »

2005年11月24日 (木)

行動進化の法則

良く言われることだが、部下を育成するのに、褒めて育てるのが良いか、叱って育てるのが良いか。

これは間違いなく、褒めて育てることが良い。
と言うか、褒めないと育たない。

まずは自由にやらせる。

そうすると色々な結果が出てくる。それを褒める。
人は絶対に褒められて悪い気はしないので、もっと褒められようとして自然と行動がそちらの方向に集約、洗練されてくる。良循環になって、さらに結果が伴ってくる。部下はどんどん仕事をするから成長もする。

これを私は行動進化の法則と名付けた。

逆にダメ出しばかりしていると、叱られないことが行動の優先基準になる。そうするとだんだんとエネルギーが殺がれていってしまう。

これを私は行動淘汰の法則と名付けた。

では、叱ることはしなくて良いのか?
しなくてはいけない。
ただし、それは本当に道を外したことを部下がやろうとした時だけだ。

いつも自由にやらせていて良いのか? と言う疑問もあるだろう。
確かに、いつも、ではない。

上司が強力にトップダウンをしなくてはいけない時もある。
それは、部下がうろたえて動けなくなっている時だ。
要するに火がついてどうしようもない困難な局面。
このときこそ、と言うかこのときだけが上司の出番なのだ。
これができれば、それ以外の時は上司と言うのは寝ていた方が良いくらいだ。

それが往々にして、逆のことしている上司が多くないだろうか。
普段つまらないちょっかいばかり出して部下の仕事の邪魔をして、いざ部下が助けて欲しい時に逃げを打つ上司。

そうだけはなってはいけない。これは肝に銘じているのである。

|

« 88万人の「星の王子さま」 | トップページ | 海王星 »

コメント

全くその通り!理想の上司ですね。
でも本当にあんまりこういう上司はいません、残念ながら・・。
私は仕事柄「部下が育たない」というような相談を受けるのですが、育ててないんですよ~っといつも思うなぁ・・
いくら理屈でわかっても、人のココロって難しいですねぇ。

投稿: hirorin | 2005年11月25日 (金) 01時38分

そりゃ中にはホントにダメな部下もいるでしょうがね。
でもだいたいは部下が育たないのは上司の責任だと思いますよ。

人は誰でも働くからには成長したい、人のために役立ちたいと思っているものです。
そうなれないのは、そうなれない環境があるから。
そして部下にとって最大の環境要因ってのは上司そのものなんですな。

投稿: TODO | 2005年11月25日 (金) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 88万人の「星の王子さま」 | トップページ | 海王星 »