« 哀愁のヨーロッパ | トップページ | 天誅殺か祟りか »

2005年11月20日 (日)

シムシティクラシック

ケータイでゲームなど、私に限ってそのような貴重な電池を消耗する愚行に走ることはあり得ないと思っていたのだが、アプリカタログを何気なく見ていて、これを見つけてしまった瞬間、私の人間が変わってしまった。

simcity_classic

老眼にはちとつらいチマチマぶりであるが、昔モノクロのPC-9801ノートではまったあのゲームそのものが、小さな画面の中にカラフルに蘇っている。懐かしいっ!

しかし、このゲームってほんとに世紀の傑作だったんだと改めて感心する。
その後にバージョンアップされたシムシティ3000も買ってPCで遊んだが、基本的な町作りの面白さは、この元祖クラシックで既に完成されている。

しばらく電車の中での貴重な睡眠時間が削られてしまいそうである。

リンク: 「着信☆あぷり♪」EZweb: シムシティ クラシック1/シムシティ クラシック2

|

« 哀愁のヨーロッパ | トップページ | 天誅殺か祟りか »

コメント

愚行だ。私もケータイでゲームなんて・・という考えです。チマチマと・・やるならちゃんとした画面でやろうよ。そうまでしてゲームするかい!と思っております・・というより、やっぱり一度やり出すとやめられない自分が怖いんです。

投稿: hirorin | 2005年11月20日 (日) 14時10分

俺も自分の怖さを再認識しますた。(笑)

投稿: TODO | 2005年11月20日 (日) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 哀愁のヨーロッパ | トップページ | 天誅殺か祟りか »