« 私の頭の中の消しゴム | トップページ | 5GBって! »

2005年10月31日 (月)

学園祭の季節

息子が大学の学園祭のスタッフとのことで、今日から4日まで缶詰らしい。

学園祭の季節か。
あまり昔のことを書くのは年寄りくさくて好きではないのだが、今日はちょっと書いてみようかな。

私の旧き良き青春時代の4年間はちょうど70年代の真ん中。
学生運動の残り火がまだそこかしこに残っていて、完全に冷め切ってもいない、そんな空気の中、学園祭が催された。
私は軽音楽系のクラブだったので、教室を1つ借りて、今ならライブと言うところだろうが、まあそんなのをやっていた。

昼は真面目に演奏して営業するのだが、夜になると酒も入り、他のクラブに行って騒いだり、他のクラブから来て混じって演奏するやつがいたり、いつのまにかセッションと言うかむちゃくちゃと言うか、延々と朝まで切れることなく、とにかく誰かしら演奏して、演奏していないときは見て騒いでいた。

そんなのが音楽系のクラブの学園祭の楽しみ方だったのだが、私が3年の頃から近隣住民の苦情もあったのか、夜8時以後の音出しは御法度になった。

今思えばクラブ自体の衰退もその頃から始まっていたような気がする。やっぱり大学生活は、思いっきりバカ騒ぎをすることに一番の拠って立つところがあったように思う。

息子に、そして今の若い学生諸君に言いたいことは、何でもいいから、一生に一度のそれができる季節に、思う存分好きなことをやってみることだ。
そしてそれに120%まで熱中する。限界を超えるまでやってみることだ。
そうすればそれがどんなことであれ、後でこの季節を振り返ったとき、それが自分の人生の中で一番大事な時期だったことに気づく時が、きっと来る。

それが、悔いのない人生と言うものだ。

やはりちと年寄り臭くなったな。秋だから良いか。

|

« 私の頭の中の消しゴム | トップページ | 5GBって! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の頭の中の消しゴム | トップページ | 5GBって! »