« 生命のふるさと | トップページ | ビールが旨くなる店 »

2005年9月 9日 (金)

トラックバックが分からない

ブログを始めて一番分かりにくかったのが、トラックバックと言う機能である。
いや、今でも良く分からない。

何をすればどうなるかと言う動きは一応理解できる。
相手のブログに行って、トラックバックURLと言うものを拾ってきて、それを自分の記事のトラックバックURL入力欄にコピペすれば、自分のブログの記事へのリンクと概要が、相手のブログに表示されるようになるのだ。

そういうことなのだが、どうもトラックバックをするのに躊躇してしまう。
やはり、多少であるとは言え、相手の承諾を得ないで相手のサイトの一部を書き換える行為であることは間違いない訳で、断りもなくそういう勝手なことしちゃっていいのか?と言う気持ちが正直ある。
見ず知らずの人の家の中にずかずか入っていって、居間の壁に宣伝ビラ貼ってくるようなものではないか。
あまりにも失礼なんじゃないか? って気持ちになるのである。

だったら、コメントの書き込みだって相手のサイトの一部を書き換えると言う意味では同じではないかと言うことになるのだが、これがやはりどうも違う。
コメントは単にコメントなのだが、トラックバックは自分のサイトへのリンクなので、「こっちにも訪問しろ」言う要求であることが違うのだ。図々しさを感じてしまうのだ。

それがブログと言うもの、トラックバックと言うものであり、お互いにその機能を有効に使えば良いと言うのは頭では理解するが、やはり相手に喜ばれること以外はしちゃいけないと、どうしても思うのですよ。
果たして拙い自分の記事などへのリンクを張られて赤の他人が喜ぶのかと思うと・・・。

当分、私にはトラックバックができそうにない。ブログ不適応人間であろうか。

・・・と書いていたら、「ぽんすブログ」さんのところでトラックバックについての記事のまとめが掲載されていたのでリンクさせて頂くと同時に、舌の根も乾かぬうちではあるが(w)トラックバックも拝送させて頂くことにする。

|

« 生命のふるさと | トップページ | ビールが旨くなる店 »

コメント

>相手の承諾を得ないで相手のサイトの一部を書き換える行為であることは間違いない訳

TODOさんはトラックバックに対して大きな誤解をしているようです。
トラックバックは「相手のサイトの一部を書き換える行為」ではありません。
相手のサイトの記事について、より発展的な意見を書くための機能を有しているだけです。

その際、相手の記事の一部を「引用」することはあるでしょうが、「書き換える行為」が行われるのは、そのブロガーの資質が低いだけのことです。

投稿: えっけん | 2005年9月10日 (土) 07時49分

えっけんさん 初めまして。
コメントありがとうございます。

(実は昨夜コメント一度書いたのですが、酔って書いたので意味不明だったので削除して書き直してます。(^^ゞ)

>相手の記事の一部を「引用」することはあるでしょうが、「書き換える行為」が行われるのは、そのブロガーの資質が低いだけのことです。

ここの意味がちょっと良く分からなくて考えたのですが、相手の記事を引用した上でそれに何らかの変更を加えた記事を書くと言うことでしょうか?

私が「相手のサイトの一部を書き換える行為」と言ったのは例えばトップページのサイドバーに管理人の意図に関係なく、トラックバックを送った人の書いたものが表示されてしまうこと自体を言ったつもりです。
だから、相手が失礼と感じるようなトラックバックをしてはいけないだろうな。と言う気持ちです。

ところで、えっけんさんのサイトを見させて頂きました。ブログやトラックバックに関連した記事をかなり読ませて頂き、非常に勉強になりました。ブログと言うものへの理解が一段と深まった気がします。
これからも頑張って下さい。

投稿: TODO | 2005年9月11日 (日) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生命のふるさと | トップページ | ビールが旨くなる店 »