« スカイプ配備計画 | トップページ | 生命のふるさと »

2005年9月 7日 (水)

Ballads and Blues

トミー・フラナガンのレコードは3枚持っている。最近聴き直したら、これが特に良い。

ベースは名手ジョージ・ムラーツとのデュオアルバム。
気の合った二人で、気楽に好きな曲だけやったって感じ。

トミー・フラナガンって人は名脇役と評されることが多いみたいだけど、多分自分を主張するより皆に合わせるタイプ。でもこのアルバムではいつになく奔放に遊び回ってる感じがして、聴いているこちらもそれが感じられてうれしくなる。ジャズピアノの楽しさに充ち満ちている。

TOMMY

実はこの人は4年前に惜しくも亡くなっている。それは知っていた。

なんとこのアルバムも因縁の1978年録音
長い間レコード棚にしまっておいてすみませんでした。

B000005C6GBallads and Blues
Tommy Flanagan

曲名リスト
1. Blue Twenty
2. Scrapple from the Apple
3. With Malice Toward None
4. Blues for Sarka
5. Star Eyes
6. They Say It's Spring
7. Birk's Works

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« スカイプ配備計画 | トップページ | 生命のふるさと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカイプ配備計画 | トップページ | 生命のふるさと »