« スカイプショック | トップページ | Aさんへのメール »

2005年8月24日 (水)

シンセサイザーの父逝く

シンセサイザー開発者、ロバート・モーグさん死去

モーグ(ムーグと良く記されるがこっちが正しかったらしい)・シンセサイザー。

電子楽器が使われる音楽が「電子音楽」などとまだ言われていた時代に、世界で初めて研究室から出て楽器としてのシンセサイザーを作った、現代のあらゆる音楽の父が逝った。

私の年代にとって、初めてのシンセ体験と言えば、やはりYMOである。
ステージいっぱいに積み重ねられたシンセサイザーだか測定器だか電話交換機だか分からない機材の前で人民服を着て演奏するシュールな3人組。そして目立たないところにもう一人のメンバー。シンセサイザーをオペレートする専門のマニュピレータと言う人がいた。
ちょうど昔の旅客機に航空機関士が必要だったように、この頃はシンセサイザーの音色を切り替えたりするのに一人の専門技術者が必要だったのだ。

当時のシンセサイザーはアナログ回路の超巨大コンプレックス。コンデンサと可変抵抗器とジャックの化け物であった。しかも1台では単音しか出せなかったはず。だから何台も同時に鳴らしていたのだろう。
おそらく音程を維持することだけでも大変なそんな代物をリアルタイムにステージで演奏していたとは信じ難いことだ。

今やシンセサイザーは完全にデジタル化され、その中身はコンピュータそのものと何も変わらない。しかし、基本的な波形を合成したり変調して新しい音を作る、その基本原理はモーグのシンセサイザーから受け継がれているものだ。

少なくともモーグの死は、ひとつの時代が終わったことにはならない。
その偉業は、現代の音楽のあらゆる場面で今まさに生きて成長し続けているのである。

Moog1

|

« スカイプショック | トップページ | Aさんへのメール »

コメント

電子音楽の神を祭る祭壇を作ろう!
http://www.idecs.co.jp/musicsoftware/moogmodular/papercraft.php

投稿: meza | 2005年8月25日 (木) 13時55分

おおおすげー!!

ってプリンタもってない ・・・_| ̄|○

投稿: TODO | 2005年8月25日 (木) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカイプショック | トップページ | Aさんへのメール »