« コメントのツリー表示 | トップページ | すごいぞはやぶさ »

2005年8月15日 (月)

海の水は何故薄まらないか

朝まだ充分に頭が冴えていない状態のとき、ふと全く関係ないことが頭に浮かぶことがある。

   「海の水は何故塩辛さが薄まらないのだろう」

雨は降り注ぎ、氷山は溶ける。過去からそれが繰り返されているのだから、徐々に海の塩辛さが薄まっていくはずではないか。

会社について早速WEBで調べたところ、実に簡単な理由であることが分かった。

海は薄まると同時に同じだけ蒸発しているのだ。
つまり、地球全体としては水の量は変わらず、海と空の間を循環しているに過ぎない。だから、短期間では多少の局地的な変動はあるにしても、マクロ的には海の濃度も一定に保たれているのだ。

恐るべし地球。w

てゆうか、非常に低レベルの疑問であってお恥ずかしい。
まあ、これも夏の暑さの一興とお許し頂きたい。

|

« コメントのツリー表示 | トップページ | すごいぞはやぶさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/5474577

この記事へのトラックバック一覧です: 海の水は何故薄まらないか:

« コメントのツリー表示 | トップページ | すごいぞはやぶさ »