« シンセサイザーの父逝く | トップページ | ビールもどき »

2005年8月25日 (木)

Aさんへのメール

今日の研修で君の報告を聞いて、私は感心しました。

実に良く矛盾や問題点を突いている。当社が抱えている問題は、まさしく君の言う通りです。
君の感受性の鋭さと正しい洞察力に、私は驚きとうれしささえ感じました。
これは正直な感想です。

ぜひ、その感受性を失わないで下さい。
そして、その若い感性とエネルギーで、会社を君の思う良い方向に変えて下さい。

ただ、そのためには、やり方を間違ってはいけない。
壁に体当たりすれば、必ず玉砕してしまいます。

不満を表現するだけでは、何も変わりません。
相手を動かす方法を、じっくり考えることです。

そしてそれができることが大人と言うことです。
決して妥協して口を閉ざすことが大人ではありません。

急いではいけない。しかし、決してあきらめてはいけない。

君に一番言いたいのはこのことです。
頑張って下さい。

|

« シンセサイザーの父逝く | トップページ | ビールもどき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンセサイザーの父逝く | トップページ | ビールもどき »