« いるかまんじゅう | トップページ | 1978年の因縁 »

2005年6月28日 (火)

仕事でブログを使う

仕事にブログを使えるのではないか。

ブログと言うものをだんだん理解してきたら、これは単なる日記を書くためのソフトではなく、非常に良く考えられたWEBサイト構築ツールだと分かってきた。これは仕事で使えるのではないか?

例えば、自分が今やっている仕事の中で、次のような用途を考えてみる。

① 業務日報

これはブログの書きやすさと閲覧のしやすさが一番寄与するだろう。上長がコメントを書くこともしやすい。
カテゴリーをメンバー毎にしておけば、何人かで一つのブログを共用しても閲覧のしやすさを妨げることはないし、共用することによるメンバー間の情報共有と言う価値を生む。

② マニュアル集や諸規程集

これも項目毎にカテゴリーを分けておけば検索がしやすいマニュアル集が作れる。改訂も容易である。

③ 教育資料

人事関係のいろいろな情報や教育資料を、月2回ほど社内イントラネットに掲載している。このためのサイトをどうやったら見やすい構造にできるかと結構あれこれ考えて作ったのだが、今思うと、ブログがあったら何も悩まずに一発でできた。
しかも、ブログであれば別途「質問コーナー」などと言ってBBSを作ったりしなくとも、コメントでコミュニケーションの蓄積もごく自然に行える。
今から全部ブログに移し替えたくてうずうずするくらいである。

こう想像していくと、ブログは企業での情報の集積と社員間のコミュニケーション促進のために非常に有効なツールであると思われる。

インターネットが始まって以来、最初は個人的な遊びに使われることしかなかったいろいろなツールが、後にビジネスで無くてはならないものになった例はたくさんある。
それは例えばチャットであり、メッセンジャーであり、ネットミーティングであり、スカイプであり、そしてブログである。

業務目的のクローズドな使われ方にターゲットを絞ったブログサービスがそのうち多く出てくるのではないかな。
きっとスケジューラとか業務目的を意識した付加機能をつけて。

|

« いるかまんじゅう | トップページ | 1978年の因縁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/4750369

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事でブログを使う:

« いるかまんじゅう | トップページ | 1978年の因縁 »