« 今日はこんなもん | トップページ | 川崎と言う町 »

2005年6月25日 (土)

昔のログを読んだ

昔NIFTYでパソコン通信をしていた頃に、ホームパーティと言う一種のプライベートBBSのような場があり、チャットで知り合った仲間がそこに集っていた。
中にまめな人がいて、そのログを印刷して製本して皆に配ってくれた。それが今でも本棚にあり、全4巻厚さにして10センチ以上になる。

まだ家族が寝ている土曜の朝のひととき、ふと思いついてそれを取り出し眺めてみた。

1992年頃である。
わずか10年ちょっと前なのに、まだインターネットも携帯電話もなかったと言うのは信じられないような気がする。オフ会やるのも大変だったけど、それを苦労しながら、また楽しみながらやっていて、だから人と人のつながりがとても温かかった気がする。
課金も使ったなあ。月に2~3万はNIFTYに奉納していた。今の@niftyは俺たちが育てたようなものだ。w

・・・・

そんなことを書いていたら、ふと、最近昔のことを良く振り返っている気がしてきた。
昔のレコードを1枚1枚聴きなおしてみたり、昔のログを読んだり・・・・。

歳とったと言うだけのことだろうか?
でもそれだけだったら、こんなブログなんて新しい、そして結構エネルギーいるものをやり始めたこととは逆方向のような気もする。

思うに。

ちょっと立ち止まって自分の人生を振り返ってみたくなっている。

と言うことではないかと感じている。
それは決して後ろ向きなのではなく、自分のよって立つところはいったい何なのかを再確認して、これから自分がどう生きていくのかを考えようとしている行為なのではないかと自己分析している。

疾風のごとく過ぎ去っていく日々の中だからこそ、自分を失わないように、ある種の恒常性維持機能が働き始めたのかも知れぬ。

そして、それをするための道具としてのブログと言うものを手に入れてみた。

と言うことなのではないかな。

しかし。

せっかくの土曜の朝にこんな堅いことを書かなくても良い。
と言うのも正しいな。w

|

« 今日はこんなもん | トップページ | 川崎と言う町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/4698234

この記事へのトラックバック一覧です: 昔のログを読んだ:

« 今日はこんなもん | トップページ | 川崎と言う町 »